「リベラルは死なない」 井手英策編

公開日: 更新日:

 旧民主党、民進党の政策ブレーンを務めていた編者は、貧しい人の救済を訴えるそれまでのリベラルと一線を画し、弱者を救うのではなく、弱者を生まない社会、低所得者も含めたすべての人たちが未来の不安から解き放たれる社会を目指す「All for All(みんなの税は、みんなのために。)」を理念とする政策を立案。消費税を軸に、みんなで痛みを分かち合い、同時に富裕層も含めたすべての人たちの命と暮らしを保証していくという提案だ。 だが、2017年の総選挙を前に民進党が分裂。その政策を基本とした選挙公約は日の目を見なかったが、その後も議員とともに政策深化の議論を重ねてきた。

 本書は、その成果をまとめた超党派の現役議員による政策論集。

(朝日新聞出版 810円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る