「リベラルは死なない」 井手英策編

公開日: 更新日:

 旧民主党、民進党の政策ブレーンを務めていた編者は、貧しい人の救済を訴えるそれまでのリベラルと一線を画し、弱者を救うのではなく、弱者を生まない社会、低所得者も含めたすべての人たちが未来の不安から解き放たれる社会を目指す「All for All(みんなの税は、みんなのために。)」を理念とする政策を立案。消費税を軸に、みんなで痛みを分かち合い、同時に富裕層も含めたすべての人たちの命と暮らしを保証していくという提案だ。 だが、2017年の総選挙を前に民進党が分裂。その政策を基本とした選挙公約は日の目を見なかったが、その後も議員とともに政策深化の議論を重ねてきた。

 本書は、その成果をまとめた超党派の現役議員による政策論集。

(朝日新聞出版 810円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る

人気キーワード