力作揃い!大人の漫画&グラフィックノベル特集

公開日: 更新日:

「ベルリン」ジェイソン・リューツ著 鵜田良江訳

 普段着感覚の本ではなく、個性的で挑戦的な本を読みたいなら、壮大なグラフィックノベルや個性あふれる漫画はいかが。今回はドイツ、イタリア、ロシア、日本の挑戦的な本を4冊ご紹介。



「ベルリン」ジェイソン・リューツ著 鵜田良江訳

 1928年9月。物語は、芸術アカデミーの聴講生として初めてのベルリン生活へと向かうマルテ・ミュラーと、週刊誌記者のクルト・ゼフェリングという男が、電車の中で出会う場面から始まる。

 ふたりが着いたベルリンは、文化の薫りが充満する首都でありつつも、次第に経済危機によって人々が心を乱し、過激な政治活動が行われる街となっていった。絵を描くことを志すマルテ、記者としての活動に限界を感じ始めるクルトら、市井の人々の目にワイマール共和国の崩壊はどのように映ったのか。それぞれの人が見た光景とは……。

 歴史の転換点となった1920年代からナチス政権誕生までのベルリンを描いた超大作。578ページにも及ぶ大ボリュームながらも、20カ国で翻訳され、世界のベストセラーとなっている。

(パンローリング 4950円)

「プリニウスXII」ヤマザキマリ、とり・みき著

「プリニウスXII」ヤマザキマリ、とり・みき著

 皇帝ネロの死後に混乱していたローマ帝国が、少しずつ落ち着きを取りもどすなか、プリニウスは博物誌の一刻も早い完成を目指していた。そんな彼のもとに、皇帝陛下からミセヌムにいるローマ艦隊の司令官になるようにという命が下る。

 しかし、彼らを待っていたのは、ウェスウィウス火山の噴火。火砕流がポンペイの街へと流れ込むなか、船は海上を覆う灰と軽石で進路を阻まれ、ポンペイ市民を救出することもままならない。そこでプリニウスの下した決断とは……。

 古代ローマを舞台に、世界的名著「博物誌」を著したプリニウスの生涯を、ふたりの漫画家が合作で描いたプリニウスシリーズ12巻。連載から10年という歳月をかけて、最終巻へとたどり着いた。巻末にはふたりの対談も収録されており、制作秘話も楽しめる。

(新潮社 814円)

「サバキスタン1」ビタリー・テルレツキー作 カティア画 鈴木佑也訳

「サバキスタン1」ビタリー・テルレツキー作 カティア画 鈴木佑也訳

 国境を閉ざして世界から孤立していたサバキスタンは、国民から「同志相棒」と呼ばれるリーダーに統治された最後の社会主義陣営国家。ある日、そんなサバキスタンは同志相棒の壮大な葬儀リハーサルのため、一時的に国境を開放。訪問団を受け入れた。目的は、サバキスタンの栄華と美を世界に示すため。

 ジャーナリストのアンリ・パスカルも、招待を受けてサバキスタンに入国したひとり。しかし彼は、友好の家の敷地で木の枝を折ってしまい、伝説の木の枝を傷つけた罪で追われることに……。

 犬が住む架空の独裁国家「サバキスタン」を舞台にした、ロシア発のグラフィックノベル。

 国民がリーダーを賛美することを求められ奉仕と貧困に耐えるなか、反旗を翻す者の姿を通して、独裁国家へのアンチテーゼを描く。

(トゥーヴァージンズ 1980円)

「陽だまり」安西水丸著

「陽だまり」安西水丸著

 非嫡出子として生まれ施設で育ったボクサー崩れの「俺」は、込山組で働く取り立て屋の品田老人の下で仕事をしている。

 品田老人には、借金の肩代わりをした縁で2年の愛人契約を結んだ加代という女がいたのだが、品田老人の用事で彼女の家を訪ねるうち、「俺」と彼女は男女の仲になってしまった。そんなある日、品田老人に誘われて加代の家を訪ねると、驚いたことに全裸の加代が待っていた……。(「陽だまり」)

 2014年に逝去した著者が残した、エロチックでありつつも、ひっそりとした詩的な印象を残す最後の抒情漫画集。表題作のほか「アメンボ」「ボートハウス」「冬の客」を収録。生前交流のあった村上春樹、柴門ふみ、木内達朗、角田光代、平松洋子、信濃八太郎が著者についてつづったエッセーも一緒に楽しめる。

(講談社ビーシー 1980円)

【連載】ザッツエンターテインメント

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル