藤原緋沙子
著者のコラム一覧
藤原緋沙子

高知県生まれ。2013年「隅田川御用帳」シリーズで第2回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。著書に「番神の梅」「龍の袖」、「橋廻り同心・平七郎控」シリーズほか多数。

(18)俺に仇討ちの助太刀をさせてくれ

公開日: 更新日:

「お千加さん……」

 與之助がやって来たのは、その夜だった。

 與之助は一本の刀を布に包んで持っていた。

「神田の古道具屋に頼んでいた刀がまだ届かないんだ。それで、俺の親父の形見を持ってきた。いつか売り払って金に換えようと思っていた代物だ。だが点検してみると曇ひとつ無い刀だ」

 與之助は上がり框に刀を置いた。

「すみません。こちらも父の刀を母が出してくれましたので」

 千加は背後を振り返ると、父の位牌の前に置いてある大小の刀を與之助に示し、

「明日は五のつく日です。與之助さんには本当にお世話になりまして、お礼の言葉もありません」

 千加は頭を下げた。

「待ってくれ。今日はおふくろさんのいる前で、お千加さんに話したい事があるんだ」

 與之助の表情は緊張で青白くなっているように見える。

「どうぞ、そこではなんですから上がってください」

 豊が部屋に上がるよう勧めると、與之助は神妙な顔で座敷に座り、千加をまっすぐに見て言った。

「お千加さん、俺に仇討ちの助太刀させてくれないか」

「いえ、それは……有り難いのですがそれは出来ません。與之助さんには関係のないことですので」

 千加は即座に断った。豊は二人のやりとりを案じ顔で見ている。

「では、はっきり言おう。お千加さん一人では返り討ちに遭う。相手は父上を斬り捨てたほどの男だろう。俄に剣を手にしたお千加さんが勝てるとは思えないんだ」

 歯に衣着せぬ與之助だ。

「勝負は時の運とも言います。確かに剣術は未熟ですが、長刀はずいぶんと習ってきています」

「無理だな」

 與之助は冷たく斬り捨てる。

「與之助さん、その言葉、許せませんよ!」

 千加は喰ってかかった。強い志を持っていてこそ闘えるのに、心の骨を折るのかと腹が立った。

「俺は、お千加さんに死んで欲しくないんだ。怪我もしてほしくない。お千加さんは、俺の心の支えなんだから」

「與之助さん……」

 意外な言葉に千加は驚いた。同時にふっと喜びが胸を走った。

「俺は、お千加さんのためなら喜んで死ぬ。だから助太刀をする」

 與之助は覚悟してやって来たことは、その表情からも分かる。

 豊はじっと二人を見ている。千加が與之助を密かに慕っていたことも、與之助が千加を愛おしく思っていたことも分かっている。

 狼狽する千加と決死の顔で千加を見詰める與之助に、豊は言った。

「與之助さん、ありがとう。あなたが助太刀をしてくだされば、母の私も安心です。千加をよろしくお願いします」

 豊の言葉に與之助は顔を紅潮させて頷いていた。

 (つづく)

【連載】万年橋の仇討ち

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質