選挙応援に向かうジャンボ機で事故死した坂本九

公開日: 更新日:

<1985年8月>

 8月12日18時24分。離陸間もない羽田発伊丹空港行き日本航空123便から、緊急事態発生の一報が入った。機体後部の破損から尾翼油圧システムすべてを失い、操縦不能に陥り、32分後の同56分に群馬県御巣鷹山南東の山中に墜落。乗員乗客524人中520人が亡くなる国内最大の航空機事故となった。事故機には「上を向いて歩こう」で知られる坂本九(当時43)が乗っていた。

 妻で女優の柏木由紀子(同37)は19時半のニュースで事故を知った。これまで坂本は空路での移動は常にANAを使っており、何かの間違いでは――。そう思った柏木はすぐに事務所に連絡し事実確認。悲報が現実のものとなっても信じられないといった様子で、放心状態だった。事故現場からは4人の生存者が救出されたが、柏木の願いもむなしく、8月16日深夜に坂本の遺体が確認された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る