• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選挙応援に向かうジャンボ機で事故死した坂本九

<1985年8月>

 8月12日18時24分。離陸間もない羽田発伊丹空港行き日本航空123便から、緊急事態発生の一報が入った。機体後部の破損から尾翼油圧システムすべてを失い、操縦不能に陥り、32分後の同56分に群馬県御巣鷹山南東の山中に墜落。乗員乗客524人中520人が亡くなる国内最大の航空機事故となった。事故機には「上を向いて歩こう」で知られる坂本九(当時43)が乗っていた。

 妻で女優の柏木由紀子(同37)は19時半のニュースで事故を知った。これまで坂本は空路での移動は常にANAを使っており、何かの間違いでは――。そう思った柏木はすぐに事務所に連絡し事実確認。悲報が現実のものとなっても信じられないといった様子で、放心状態だった。事故現場からは4人の生存者が救出されたが、柏木の願いもむなしく、8月16日深夜に坂本の遺体が確認された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る