• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

麻雀中に急性心不全で倒れた若山富三郎

<1992年4月>

 弟の勝新太郎とともに一時代を築いた名優・若山富三郎が急性心不全で倒れたのは4月2日。食事と麻雀に招いた勝新太郎・中村玉緒夫妻、清川虹子らの目の前での出来事だった。救急車で病院に搬送されたが、懸命の治療もむなしく同日夕方、62歳で帰らぬ人となった。

 酒は一滴も飲めず、大の甘党で大福をご飯の代わりのように食べていたという若山は一方で、ヘビースモーカーとしても有名。83年5月に糖尿病と心筋梗塞で倒れてからは「出演する映画はすべて最後の作品と思って演じる」と公言。85年4月にハワイで心臓の大手術を受けてからはニトログリセリンを持って仕事を続けるなど、病と闘いながらカメラの前に立ち続けてきた。

 90年12月には腎臓病で入院、ドクターストップでドラマを降板する。若山の体調悪化を受け、コカイン所持事件後ハワイに“籠城”していた弟の勝が帰国、逮捕されるという騒ぎも起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る