麻雀中に急性心不全で倒れた若山富三郎

公開日: 更新日:

<1992年4月>

 弟の勝新太郎とともに一時代を築いた名優・若山富三郎が急性心不全で倒れたのは4月2日。食事と麻雀に招いた勝新太郎・中村玉緒夫妻、清川虹子らの目の前での出来事だった。救急車で病院に搬送されたが、懸命の治療もむなしく同日夕方、62歳で帰らぬ人となった。

 酒は一滴も飲めず、大の甘党で大福をご飯の代わりのように食べていたという若山は一方で、ヘビースモーカーとしても有名。83年5月に糖尿病と心筋梗塞で倒れてからは「出演する映画はすべて最後の作品と思って演じる」と公言。85年4月にハワイで心臓の大手術を受けてからはニトログリセリンを持って仕事を続けるなど、病と闘いながらカメラの前に立ち続けてきた。

 90年12月には腎臓病で入院、ドクターストップでドラマを降板する。若山の体調悪化を受け、コカイン所持事件後ハワイに“籠城”していた弟の勝が帰国、逮捕されるという騒ぎも起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る