島倉千代子や吉永小百合が巻き込まれた草加次郎事件

公開日: 更新日:

 翌年、上野公園でおでん屋店主がピストルで撃たれて重傷を負い、同一の銃弾が警察に郵送される事件も起きた。同じ銃弾は金銭要求とともに吉永小百合や鰐淵晴子にも送られていた。さらに、松島トモ子ショー開催中の渋谷の百貨店や地下鉄銀座線車内でも爆発し、地下鉄は重軽傷者17人を出す惨事に。草加次郎の犯行とされた事件は実に22件に及んだ。

 だが、地下鉄事件を最後に犯行はプツリと止まる。警察も草加次郎の正体を掴めないまま16年後の78年9月に時効。芸能人も巻き込んだ爆弾魔事件は迷宮入りとなった。

◇1962年11月 5日、美空ひばりと小林旭が挙式(事実婚)。6日、国連が南アのアパルトヘイト政策非難決議を採択。18日、映画「秋刀魚の味」公開。小津監督の遺作。25日、東京で全国初の「愚連隊防止条例(現迷惑防止条例)」を施行。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る