BSフジの川端健嗣氏 “古巣”の女子アナに煙たがられた熱血指導

公開日: 更新日:

「司会進行を務めさせていただきます、BSフジ広報の川端です。よろしくお願いします」

 15日、ドリフトレース「D1グランプリ」(11月9、10日に東京・台場で開催)の記者会見のオープニング。聞きなれた声の主は、つい4カ月前までフジテレビアナウンサーだった川端健嗣氏(51)だ。ポロシャツにチノパンといういでたちは「内勤感」たっぷり。

 今年6月27日付で「フジテレビ編成制作局アナウンス室デスク統括担当部長」から「BSフジ広報局専任局長」へ異動。8月に放送された「FNS27時間テレビ」では中継リポーターを務めていた。この日のイベントは久々の表舞台だ。

 川端は、イベントに出席した初代D1チャンピオンの谷口信輝ドライバー(42)を見ると、元AKB48増田有華(22)に向かって「お隣の谷口選手、イイ男ですねえ……」と話を振ったり、ドリフトレースに挑戦するガチャピンに「アクセルとブレーキ、踏めますかねえ……」とイジったりする場面も。会見終了後はガチャピンと記念撮影する女性社員に交じって、スマートフォン片手に撮影を頼んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る