BSフジの川端健嗣氏 “古巣”の女子アナに煙たがられた熱血指導

公開日: 更新日:

「司会進行を務めさせていただきます、BSフジ広報の川端です。よろしくお願いします」

 15日、ドリフトレース「D1グランプリ」(11月9、10日に東京・台場で開催)の記者会見のオープニング。聞きなれた声の主は、つい4カ月前までフジテレビアナウンサーだった川端健嗣氏(51)だ。ポロシャツにチノパンといういでたちは「内勤感」たっぷり。

 今年6月27日付で「フジテレビ編成制作局アナウンス室デスク統括担当部長」から「BSフジ広報局専任局長」へ異動。8月に放送された「FNS27時間テレビ」では中継リポーターを務めていた。この日のイベントは久々の表舞台だ。

 川端は、イベントに出席した初代D1チャンピオンの谷口信輝ドライバー(42)を見ると、元AKB48増田有華(22)に向かって「お隣の谷口選手、イイ男ですねえ……」と話を振ったり、ドリフトレースに挑戦するガチャピンに「アクセルとブレーキ、踏めますかねえ……」とイジったりする場面も。会見終了後はガチャピンと記念撮影する女性社員に交じって、スマートフォン片手に撮影を頼んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る