「マラヴィータ」主演 ロバート・デ・ニーロ

公開日:  更新日:

 誰もが自分の暮らす地域に溶け込み、円満に暮らしたいと思っている。ロバート・デ・ニーロ(70)が本作で演じる元マフィアの父親も引っ越し先で努力するものの、子どもたちはかつての自分と同じようにトラブルを起こすし、過去のしがらみからも逃れられない。

――「タクシードライバー」などを共に送り出してきたマーティン・スコセッシ(70)が製作総指揮となり、再タッグを組んだ新作がアクションコメディーとは驚きました。

「マフィアものでありながら、誰もが共感できる家族の話です。NYの元ボスが仲間全員を警察に密告し、家族ともども証人保護プログラムに入ってフランスに送られるという設定も、少し超現実的に映るかもしれないけど、調べたら現実にあり得ることだったんだ。マーティンにリュック・ベッソン(監督・脚本)と、気心の知れた仲間との仕事はとても楽しく、全力を尽くすことができ、これは面白くなるぞと思ったよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る