「マラヴィータ」主演 ロバート・デ・ニーロ

公開日:  更新日:

 誰もが自分の暮らす地域に溶け込み、円満に暮らしたいと思っている。ロバート・デ・ニーロ(70)が本作で演じる元マフィアの父親も引っ越し先で努力するものの、子どもたちはかつての自分と同じようにトラブルを起こすし、過去のしがらみからも逃れられない。

――「タクシードライバー」などを共に送り出してきたマーティン・スコセッシ(70)が製作総指揮となり、再タッグを組んだ新作がアクションコメディーとは驚きました。

「マフィアものでありながら、誰もが共感できる家族の話です。NYの元ボスが仲間全員を警察に密告し、家族ともども証人保護プログラムに入ってフランスに送られるという設定も、少し超現実的に映るかもしれないけど、調べたら現実にあり得ることだったんだ。マーティンにリュック・ベッソン(監督・脚本)と、気心の知れた仲間との仕事はとても楽しく、全力を尽くすことができ、これは面白くなるぞと思ったよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る