通期予想は変わらず…「半沢直樹」をしゃぶり尽くせないTBS

公開日:  更新日:

 TBSの持ち株会社、東京放送ホールディングスが5日、上期(4―9月期)の連結経常利益を36.6%上方修正した。「コストコントロールが順調に進んでいる」というのが理由だが、通期は従来予想を変えなかった。メガヒットを出した局にしては慎重だ。

 テレビ制作会社の幹部は、「1箱840円の『倍返し饅頭』が売れたぐらいで喜んでいるからダメなんですよ」とタメ息である。

 最終回に平均視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出し、社会現象にもなったテレビドラマ「半沢直樹」。放送が終わってもグッズの売り上げは好調だ。くだんの饅頭だって飛ぶように売れている。

 だが、この程度で満足しているから、「振り向けばテレビ東京」のポジションを抜け出せないのだという。

「もともと半沢は期待されていなかった。次のキムタクまでの“つなぎ”という位置づけだったと聞いています。それが大ヒットだから宝くじに当たったようなもの。こんなラッキーはありません。気の利いた局なら、しゃぶりつくしていますよ。例えばテレビ朝日は人気ドラマ『相棒』を繰り返し再放送している。平日の午後は、相棒ファンの高齢者を引きつけて夕方のニュースにつなげる作戦。これが見事にハマっている。なぜ、TBSはこの手法を見習わないのか。再放送はもちろん、NG集とか、特別編集とか、出演者を交えながらの特番を組んでもいいでしょう。映画化だって考えられる。あの手この手で視聴者を引きつけられるはずです。編成がアホなのか、社内調整する力がないのか。せっかくの最強コンテンツも、宝の持ち腐れです」(前出の制作会社幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る