通期予想は変わらず…「半沢直樹」をしゃぶり尽くせないTBS

公開日: 更新日:

 TBSの持ち株会社、東京放送ホールディングスが5日、上期(4―9月期)の連結経常利益を36.6%上方修正した。「コストコントロールが順調に進んでいる」というのが理由だが、通期は従来予想を変えなかった。メガヒットを出した局にしては慎重だ。

 テレビ制作会社の幹部は、「1箱840円の『倍返し饅頭』が売れたぐらいで喜んでいるからダメなんですよ」とタメ息である。

 最終回に平均視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出し、社会現象にもなったテレビドラマ「半沢直樹」。放送が終わってもグッズの売り上げは好調だ。くだんの饅頭だって飛ぶように売れている。

 だが、この程度で満足しているから、「振り向けばテレビ東京」のポジションを抜け出せないのだという。

「もともと半沢は期待されていなかった。次のキムタクまでの“つなぎ”という位置づけだったと聞いています。それが大ヒットだから宝くじに当たったようなもの。こんなラッキーはありません。気の利いた局なら、しゃぶりつくしていますよ。例えばテレビ朝日は人気ドラマ『相棒』を繰り返し再放送している。平日の午後は、相棒ファンの高齢者を引きつけて夕方のニュースにつなげる作戦。これが見事にハマっている。なぜ、TBSはこの手法を見習わないのか。再放送はもちろん、NG集とか、特別編集とか、出演者を交えながらの特番を組んでもいいでしょう。映画化だって考えられる。あの手この手で視聴者を引きつけられるはずです。編成がアホなのか、社内調整する力がないのか。せっかくの最強コンテンツも、宝の持ち腐れです」(前出の制作会社幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る