「強いヤツが偉い」高1でテングになった杉村太蔵のテニス部時代

公開日: 更新日:

 杉村太蔵さん、まずはこう切り出した。今日はスーツ姿。エリートサラリーマンといった体だ。バラエティー番組と違い、マジメな話しぶりである。

■「強いヤツが偉いんだ」

 旭川市生まれの杉村さんは、父親から小学生時代にテニスの手ほどきを受けた。小学生で北海道大会優勝、硬式に転じた中学でも道大会優勝の実績を持つ。ちなみに、実家は旭川ではそれと知られたテニスクラブ。道内きってのテニス名門校に越境入学したのは、こんな下地があればこそだった。

「高校入学2カ月余りで道大会優勝でしょ。自信もついたし、校内でも認められたわけです。部活ではすぐ特別扱いで、1年生なのにいきなりレギュラーと同じ練習メニューに。同級生7~8人はせっせとコート整備したりネットを張ったりしているのに、悠々ストレッチやってましたね。雑用は一切ナシ。『オレは北海道でナンバーワンなんだぞ』って、本当にそう思ってました。『ナメんなよ、おまえもやれよ』と突っかかる同級生もいたけど、『なんで?』ってなもんです。『それはおまえの仕事だろ。オレの仕事は勝つことだ』『悔しかったら、オレに勝ってから言え』『強いヤツが偉いんだ』な~んて平気で言ってました。嫌なヤツですよね~」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る