「強いヤツが偉い」高1でテングになった杉村太蔵のテニス部時代

公開日: 更新日:

 テングになっちゃったわけだ。ただ、口先ばかりではなかった。下宿に一人暮らしでテニスに打ち込み、1年生からレギュラーと同じメニューで鍛えた杉村少年の実力はグングン伸びた。道内大会は、1年、2年ともダブルスで優勝を果たす。

■“テングの鼻”へし折られる

 そして、高校3年の初夏。大会史上初のダブルス3連覇がかかった大会を迎える。杉村チームは順調に勝ち進み、決勝へコマを進めた。

「相手は、高校の同級生チームです。『俺はコート整備なんかしない』と息巻いていたころ、黙々とコート整備をしていたね。その彼らに、コロッと負けた。なんで負けんの? 一瞬、頭が真っ白になった。ま、油断もあったし慢心もあったんでしょうね。翌日、その彼が大会結果が載ったスポーツ紙を持ってきて『どうだ、太蔵』って差し出した。記事の彼のコメントを見て固まりましたよ。確か……『アイツは1年のときからレギュラーで、ボクはコート整備からスタートした。大変悔しい思いをした。でも今日勝てて本当にうれしい』と、そんな感じ。悔しかった~。このヤロ~、ですよ。そいつはアダチっていうんですがね。高校卒業後もずっと付き合ってる数少ない大親友のひとりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  6. 6

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  7. 7

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  8. 8

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る