「強いヤツが偉い」高1でテングになった杉村太蔵のテニス部時代

公開日: 更新日:

 元衆議院議員の肩書はダテではない。“薄口政治評論家”を名乗り、いまやテレビのバラエティー番組で売れっ子のひとり。杉村太蔵さんだ。05年の郵政解散総選挙で自民党比例区(南関東ブロック)で初当選。議員とは思えぬ奔放発言を連発し、注目された。秘蔵の一枚には、高校時代の勇姿が写っていた。

■高1でいきなり道大会優勝

「どうです、堂々としてるでしょう~。高校1年のときですから1995年の6月です。千歳市のテニスコートで開かれた『毎日トーナメント』のシングルスに初出場して、優勝した直後の記念撮影です。後ろの車、古いなぁ。この大会は実業団とか一般選手も参加する大会で、ボクは札幌市立藻岩高校の1年生。北海道では敵なし、テニスの名門中の名門校です。そこへ出場してポンポン勝ち上がり、いきなり結果を出しちゃった。うれしかったですね~。15歳10カ月の最年少優勝記録は、いまだ破られていないはずです。賞状を抱えて後ろの車の上に優勝カップと盾がある。体も締まってますね、当時は175センチで66キロくらい。精悍でしょ。ハハハ。中学のときのコーチが応援に駆けつけてくれて、優勝記念に撮っていただいた一枚です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る