「強いヤツが偉い」高1でテングになった杉村太蔵のテニス部時代

公開日:  更新日:

 元衆議院議員の肩書はダテではない。“薄口政治評論家”を名乗り、いまやテレビのバラエティー番組で売れっ子のひとり。杉村太蔵さんだ。05年の郵政解散総選挙で自民党比例区(南関東ブロック)で初当選。議員とは思えぬ奔放発言を連発し、注目された。秘蔵の一枚には、高校時代の勇姿が写っていた。

■高1でいきなり道大会優勝

「どうです、堂々としてるでしょう~。高校1年のときですから1995年の6月です。千歳市のテニスコートで開かれた『毎日トーナメント』のシングルスに初出場して、優勝した直後の記念撮影です。後ろの車、古いなぁ。この大会は実業団とか一般選手も参加する大会で、ボクは札幌市立藻岩高校の1年生。北海道では敵なし、テニスの名門中の名門校です。そこへ出場してポンポン勝ち上がり、いきなり結果を出しちゃった。うれしかったですね~。15歳10カ月の最年少優勝記録は、いまだ破られていないはずです。賞状を抱えて後ろの車の上に優勝カップと盾がある。体も締まってますね、当時は175センチで66キロくらい。精悍でしょ。ハハハ。中学のときのコーチが応援に駆けつけてくれて、優勝記念に撮っていただいた一枚です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る