「キャプテン・フィリップス」ポール・グリーングラス監督

公開日:  更新日:

■特別インタビュー 弘兼憲史氏

 混迷する今、目の前にある危機とどう向き合い、対処すべきか――。武装海賊にインド洋上で襲撃され、コンテナ船を占拠されたフィリップス船長の生き残り術、戦い方は中高年サラリーマンのひとつの指針だ。松下電器産業(現パナソニック)の元社員で、「島耕作」シリーズなどの漫画家、弘兼憲史氏(66)に聞いた。

■問題を好転させる“島耕作”流のメッセージ

――船と乗組員20人を守るため、船長は徒手空拳で武装集団に立ち向かい、人質として拉致されてしまいます。この決断、行動をどう見ましたか。

「自分にはできるか、できないだろうなあと思いながらも、あの立場ならリスクを取り除く責任があるでしょう。部下の人命第一に動いたのは大いにうなずけました。2009年、実際にあった事件を追体験するようなリアルさで、トム・ハンクス扮するフィリップス船長も実在するとあってか、いわゆるヒーロー然としていない。恐怖に駆られて奥さんの名前を叫んだりするところなど、随所に引き込まれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る