「キャプテン・フィリップス」ポール・グリーングラス監督

公開日: 更新日:

■特別インタビュー 弘兼憲史氏

 混迷する今、目の前にある危機とどう向き合い、対処すべきか――。武装海賊にインド洋上で襲撃され、コンテナ船を占拠されたフィリップス船長の生き残り術、戦い方は中高年サラリーマンのひとつの指針だ。松下電器産業(現パナソニック)の元社員で、「島耕作」シリーズなどの漫画家、弘兼憲史氏(66)に聞いた。

■問題を好転させる“島耕作”流のメッセージ

――船と乗組員20人を守るため、船長は徒手空拳で武装集団に立ち向かい、人質として拉致されてしまいます。この決断、行動をどう見ましたか。

「自分にはできるか、できないだろうなあと思いながらも、あの立場ならリスクを取り除く責任があるでしょう。部下の人命第一に動いたのは大いにうなずけました。2009年、実際にあった事件を追体験するようなリアルさで、トム・ハンクス扮するフィリップス船長も実在するとあってか、いわゆるヒーロー然としていない。恐怖に駆られて奥さんの名前を叫んだりするところなど、随所に引き込まれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る