若者にも反響 伝説の歌姫「ちあきなおみ」が再ブーム

公開日: 更新日:

「やっぱり、いい」「古くないどころか、新しさすら感じる」などと中高年を中心に、改めて注目を集めているのが、ちあきなおみ(66)。今月、NHKが音楽番組「SONGS」でちあきを特集、休業中の歌手を扱うのは極めて異例だとスポーツ紙が報じ、話題になったほか、このほどコロムビアとテイチクの初の共同企画でリリースされたベスト盤も、上々のようだ。

「『喝采』『四つのお願い』『紅とんぼ』といったヒット曲はもちろん、裕次郎の『夜霧よ今夜も有難う』など昭和の名曲を歌った楽曲も盛りだくさんで、ちあきさんを知らない若者からも『凄い歌唱力』と反響があるといいます。いわゆる歌謡曲が街で聞こえなくなって久しいですが、やっぱり日本には、とりわけ肌寒い季節にはぴったりということでしょうか」(スポーツ紙芸能デスク)

 1992年に夫と死別して以来、公の場に一切、姿を現さないのに、この人気ぶり。活動を再開させれば売れるだろうにというのは下衆の勘繰り。

「テレビ局がどんなに秋波を送ろうと、芸能マスコミがどれだけ行方を探ろうと、なしのつぶてなんです」(前出の芸能デスク)

 待望論をご本人はどう思っているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る