若者にも反響 伝説の歌姫「ちあきなおみ」が再ブーム

公開日:  更新日:

「やっぱり、いい」「古くないどころか、新しさすら感じる」などと中高年を中心に、改めて注目を集めているのが、ちあきなおみ(66)。今月、NHKが音楽番組「SONGS」でちあきを特集、休業中の歌手を扱うのは極めて異例だとスポーツ紙が報じ、話題になったほか、このほどコロムビアとテイチクの初の共同企画でリリースされたベスト盤も、上々のようだ。

「『喝采』『四つのお願い』『紅とんぼ』といったヒット曲はもちろん、裕次郎の『夜霧よ今夜も有難う』など昭和の名曲を歌った楽曲も盛りだくさんで、ちあきさんを知らない若者からも『凄い歌唱力』と反響があるといいます。いわゆる歌謡曲が街で聞こえなくなって久しいですが、やっぱり日本には、とりわけ肌寒い季節にはぴったりということでしょうか」(スポーツ紙芸能デスク)

 1992年に夫と死別して以来、公の場に一切、姿を現さないのに、この人気ぶり。活動を再開させれば売れるだろうにというのは下衆の勘繰り。

「テレビ局がどんなに秋波を送ろうと、芸能マスコミがどれだけ行方を探ろうと、なしのつぶてなんです」(前出の芸能デスク)

 待望論をご本人はどう思っているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る