日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連ドラ初監督 傘寿を迎える愛川欽也の“八面六臂”

 来年80歳を迎える愛川欽也が、ここにきて活動を活発化させている。
 まずは3日からBS11でスタートする「港古志郎警視」(毎週火曜、夜7時~)。主役の港古志郎を演じるのはもちろん、制作・監督も愛川が担当している。愛川はこれまでも「さよならモロッコ」など映画の監督は経験しているが、連続ドラマの監督は初めて。

 愛川と「警視」といえば、どうしたって代表作「東京メグレ警視」を真っ先に想像するが、「港――」は制作・監督も兼ねているということで、もっとまったりとして、まるでフランス映画を思わせる仕上がりになっているという。

 もうひとつ、愛川が意欲的に取り組んでいるのが、70年代に菅原文太と組んで大ヒットさせた映画「トラック野郎」シリーズ(鈴木則文監督)のブルーレイ化。これまでもビデオやDVDにはなっているが、ファンからの要望もあって、このほど全10作をブルーレイ化することとした。発売は来年2月から。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事