前事務所社長とドロ沼訴訟…美川憲一“ご意見番”も廃業危機

公開日: 更新日:

 泥沼訴訟の予感である。美川憲一(67)が、昨年まで所属していた事務所の社長から、損害賠償請求の裁判を起こされることが明らかになった。

 発売中の週刊文春が報じたもので、美川を提訴するのは、昨年まで24年間、社長を務めた「エービープロモーション」秋元那男氏(70)。美川は独立後もエービー社所有の楽譜や衣装、車などを無断使用。未返済のカネなど含めて裁判では2億1400万円の支払いを求めるというから穏やかじゃない。

 美川は同誌の取材に「独立の話は私から切り出したわけではないし、私が一生懸命働いて、秋元だって潤ってきたんですよ。今さら告発なんて、私の仕事がうまく回っているから嫉妬しているんでしょうね」と回答。秋元氏は12月12日に東京地裁に提訴する予定だ。

「美川はパチンコなどの営業とテレビの旅番組、CMが大きな収入源。告訴されたことによるイメージダウンの方が痛いでしょう。カジノ好きは有名でしたが、毎回、何百万円も負けていたことまで暴露されてしまった。NHK紅白出場は二度とないし、芸能界のご意見番というポジションも廃業のピンチです」(芸能リポーター)

 美川の表も裏も知る人物の告発。裁判ではどんな事実が飛び出すのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る