暮れの風物詩 小林幸子と美川憲一の衣装対決

公開日: 更新日:

<1991年12月>

 暮れの紅白歌合戦。その年に活躍した新人歌手や国民的な人気歌手らが顔を揃えるが、90年代から話題の一端を担ったのは小林幸子と美川憲一の2人だった。

 発端は91年。宙吊り衣装で登場した小林の艶やかな衣装。3代目市川猿之助(現猿翁)のスーパー歌舞伎がヒントになったもので、公演を見て感動した小林が猿之助の楽屋を訪れ、担当するアトリエヒノデを紹介してもらった。小林の衣装は89年からアトリエヒノデが制作し、91年に“冬の鳥”をイメージした宙乗りを実現させた。

 この年、スキャンダルからカムバックしたのは美川。「さそり座の女」で17年ぶりに紅白の舞台に戻ってきた。この時、美川はコロッケを従えてド派手な衣装で会場を沸かせ、マスコミの話題をさらい、これをキッカケに衣装対決が暮れの“恒例行事”になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る