暮れの風物詩 小林幸子と美川憲一の衣装対決

公開日:  更新日:

<1991年12月>

 暮れの紅白歌合戦。その年に活躍した新人歌手や国民的な人気歌手らが顔を揃えるが、90年代から話題の一端を担ったのは小林幸子と美川憲一の2人だった。

 発端は91年。宙吊り衣装で登場した小林の艶やかな衣装。3代目市川猿之助(現猿翁)のスーパー歌舞伎がヒントになったもので、公演を見て感動した小林が猿之助の楽屋を訪れ、担当するアトリエヒノデを紹介してもらった。小林の衣装は89年からアトリエヒノデが制作し、91年に“冬の鳥”をイメージした宙乗りを実現させた。

 この年、スキャンダルからカムバックしたのは美川。「さそり座の女」で17年ぶりに紅白の舞台に戻ってきた。この時、美川はコロッケを従えてド派手な衣装で会場を沸かせ、マスコミの話題をさらい、これをキッカケに衣装対決が暮れの“恒例行事”になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る