今度は「高岡奏輔」…改名の矢先に再浮上する“あの事件”

公開日: 更新日:

「その時の、自分。嘘、偽りのない、その時の時間。高岡蒼佑 高岡蒼甫 高岡奏輔 全て、その時の今の自分。高岡奏輔、宜しく。気に入ってる。」――。

 ラップの歌詞みたいなツイートで高岡蒼佑(31)が3度目の改名をツイッター上で発表。高岡蒼佑→高岡蒼甫→高岡蒼佑を経て、これからは高岡奏輔らしい。その高岡、改名は「しっくりきてる」そうだが、肝心の芸能活動はほとんど話題にならず。

「開店休業状態が続いていて、今年1年で仕事らしい仕事といえば、2月に公開された映画『千年の愉楽』と10月の舞台出演くらい。鈴木亜美との交際は順調そうですが、ほとんど毎日が日曜日のようです」(芸能ライター)

 彼女に会う時間はふんだんにあるかもしれないが、高岡の周辺では新たな火種が持ち上がっている。

「高岡が兄貴分と慕っていた関東連合関係者Kの殺人事件の捜査が新たな展開を見せているのです。襲撃犯は新宿を拠点とする不良グループといわれていたが、八王子を拠点とする別のグループの可能性が大きくなってきた。ちょうど今、昨年9月に起きた六本木のクラブ襲撃事件の裁判が行われていて、11日には関東連合の元リーダー、石元太一の第3回公判が開かれた。関東連合自体は仲間割れ状態で、主犯の見立真一は今なお海外逃亡中。警察は準暴力団に指定した半グレ集団である関東連合に関する事件の解決にヤッキになっている。Kの殺人事件も遠からず真相が明らかになるでしょう」(事件ライター)

 高岡にとってはようやく先輩の無念を晴らす時がやってくるかもしれない。だが、その際には関東連合との関係が再びクローズアップされるのは間違いなく、本業への影響も避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る