今度は「高岡奏輔」…改名の矢先に再浮上する“あの事件”

公開日:  更新日:

「その時の、自分。嘘、偽りのない、その時の時間。高岡蒼佑 高岡蒼甫 高岡奏輔 全て、その時の今の自分。高岡奏輔、宜しく。気に入ってる。」――。

 ラップの歌詞みたいなツイートで高岡蒼佑(31)が3度目の改名をツイッター上で発表。高岡蒼佑→高岡蒼甫→高岡蒼佑を経て、これからは高岡奏輔らしい。その高岡、改名は「しっくりきてる」そうだが、肝心の芸能活動はほとんど話題にならず。

「開店休業状態が続いていて、今年1年で仕事らしい仕事といえば、2月に公開された映画『千年の愉楽』と10月の舞台出演くらい。鈴木亜美との交際は順調そうですが、ほとんど毎日が日曜日のようです」(芸能ライター)

 彼女に会う時間はふんだんにあるかもしれないが、高岡の周辺では新たな火種が持ち上がっている。

「高岡が兄貴分と慕っていた関東連合関係者Kの殺人事件の捜査が新たな展開を見せているのです。襲撃犯は新宿を拠点とする不良グループといわれていたが、八王子を拠点とする別のグループの可能性が大きくなってきた。ちょうど今、昨年9月に起きた六本木のクラブ襲撃事件の裁判が行われていて、11日には関東連合の元リーダー、石元太一の第3回公判が開かれた。関東連合自体は仲間割れ状態で、主犯の見立真一は今なお海外逃亡中。警察は準暴力団に指定した半グレ集団である関東連合に関する事件の解決にヤッキになっている。Kの殺人事件も遠からず真相が明らかになるでしょう」(事件ライター)

 高岡にとってはようやく先輩の無念を晴らす時がやってくるかもしれない。だが、その際には関東連合との関係が再びクローズアップされるのは間違いなく、本業への影響も避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る