実に飄々…近藤正臣の生き方は「ごちそうさん」の義父役と一緒

公開日: 更新日:

 その後28歳で転機が訪れた。テレビドラマ「柔道一直線」の主人公のライバル役に抜擢され、一世を風靡(ふうび)した。妻子持ちなのに、チョコレートのCMに出演するなど、アイドル並みの人気。順調にスターへの階段を上がるが、「幾つかのチャンスに偶然に恵まれていたとしか言いようがない」と謙虚。また「監督らに気遣いをしないし、反抗的だった」と生一本の筋を通す生き方を変えなかった。

 再び転機が訪れたのは、不惑を過ぎたころ。ロケで訪れた岐阜県郡上八幡の自然に触れ、地元住民との交流がきっかけだった。住民から渓流釣りを教わり、長良川河口堰反対運動にも参加した。川の番人になるために、ほとりに別荘を建てた。

 愛猫と一緒に川の流れを見つめたり、野草の名前を図鑑で調べたり、ブナの葉の成長に感動するなど、自然と共に生きることを知った。ゆったりとした時間に包まれているうちに「咲ける花なら、また咲くだろう」と、自然に逆らわない生き方を見つける。

 朝ドラでの飄々(ひょうひょう)とした風情は、今のこの人の境地を象徴しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  8. 8

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  9. 9

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  10. 10

    20年で3倍強に!アメリカの大学「学費高騰」の本当の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る