年末恒例?浜崎あゆみの男遍歴は“セルフプロデュース”の賜物

公開日:  更新日:

「ご報告 ワタクシLA時間の本日、12月12日に婚約しましたぁ~」と公式サイトで発表した。

「ネットでは話題作りの偽装だの、グリーンカード欲しさの押しかけ婚だのと散々。発表翌日は29~31日開催のカウントダウンライブのチケット発売日、25日はシングル発売、31日は紅白出場とイベントが続く。注目を集めたい一心なんだろうが、そこまで私生活を切り売りしなくても」(ワイドショー関係者)

 浜崎は98年4月にシングル「poker face」でデビュー。自ら作詞する等身大のメッセージが共感を呼び、CDはバカ売れ、コンサートは満員御礼に。ギャルのカリスマとして、音楽業界で一時代をつくった。

「ずばぬけたセルフプロデュース力でのし上がる姿は、全盛期の松田聖子。だめんずに目がなく、すぐ熱くなる恋愛体質、超肉食系なところもうり二つ。年齢相応に落ち着いた聖子と違って、あゆは一波乱も二波乱もありそう」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る