豪華キャスト揃い 天海祐希「緊急取調室」は一見の価値あり

公開日: 更新日:

 1月ドラマが続々とスタート。まだこれといったヒット作が見当たらないが、局の勢いを象徴するような陣容だったのがテレビ朝日の「緊急取調室」(木曜21時)。

 取り調べといえば刑事ドラマで必ず登場するシーンだが、これをメーンにしたドラマは珍しい。とにかくキャスティングがスペシャルドラマ並みなのに驚く。主演は天海祐希。共演は田中哲司速水もこみち草刈正雄、でんでん、大杉漣小日向文世。初回の特別ゲストが高嶋政伸

 天海、速水は同じ事務所の所属で、フジテレビが多かった天海と、もこみちのセットというのは興味深い。今や俳優にとって“主戦場”はフジではなく、テレ朝ということなのだろう。また、脇役陣は1人出ているだけでもドラマが成り立つほどで、豪華さは今クール随一といっていい。

 初回視聴率(9日)は12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と伸び悩んだが、脚本が平凡で、物語そのものに意外性がないのが一因か。

 ただし、芸達者が多いだけに、破綻がなく、安心して見ていられるから、今後、数字がアップすることも十分あり得る。

 今クールは刑事ドラマがまたまたズラリと並ぶが、「取調室」は中高年には違和感のない物語になっている。一見の価値はありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る