日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

話題の大人向けレーベル「FOXサーチライト」の勝算と期待度

 TVドラマの映画化やアクション大作もいいけれど、「ちょっとは人生を感じさせてくれよ」という中高年は少なくないのではないか。閉館の相次ぐミニシアターで、そんな大人の映画ファンに訴える動きが出てきて話題だ。

「宮崎駿氏の引退宣言、さらに『踊る大捜査線』『海猿』といった大ヒットシリーズが完結し、公開前から興収100億円が見込まれるような作品が先行する時代は終わり、2014年の映画シーンは一度ニュートラルに戻ると思うのです。これからは実力勝負。いかに面白い、中身の濃い作品をお届けできるかです」

 とは、20世紀FOXの平山義成シニアマネジャー(44)。「タイタニック」などの洋画メジャー配給会社でありながら、FOXサーチライトというアート系レーベルを引っさげ、新宿でオープン1周年を迎えたミニシアター、シネマカリテにこのほど打って出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事