「福家警部補」好発進も…原作ファン推しは主演・檀れいより永作博美

公開日:  更新日:

 檀れい(42)にとって民放連ドラ初主演となる「福家警部補の挨拶」が、初回視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と好発進。関係者は胸をなで下ろしているかと思いきや、意外にそうでもないらしい。

「視聴後の反応が、イマイチ芳しくないんです。『途中で脱落した』『古畑任三郎の真似』『檀の演技が一本調子』『個性が感じられない』なんて声もチラホラ。初回は話題性で見てもらえても、問題は2回目以降でしょう」(制作スタッフ)

 そんな檀とは対照的に評価を高めているのが、永作博美(43)だ。実は永作、過去に福家警部補を演じたことがある。09年1月にNHKで放送された「福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀~」がそれ。そもそも福家警部補は原作では「身長152センチと小柄で髪はショート。縁なしのメガネをかけ、刑事には見えない。寝なくても平気で酒に強い」なんて設定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る