• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「福家警部補」好発進も…原作ファン推しは主演・檀れいより永作博美

 檀れい(42)にとって民放連ドラ初主演となる「福家警部補の挨拶」が、初回視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と好発進。関係者は胸をなで下ろしているかと思いきや、意外にそうでもないらしい。

「視聴後の反応が、イマイチ芳しくないんです。『途中で脱落した』『古畑任三郎の真似』『檀の演技が一本調子』『個性が感じられない』なんて声もチラホラ。初回は話題性で見てもらえても、問題は2回目以降でしょう」(制作スタッフ)

 そんな檀とは対照的に評価を高めているのが、永作博美(43)だ。実は永作、過去に福家警部補を演じたことがある。09年1月にNHKで放送された「福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀~」がそれ。そもそも福家警部補は原作では「身長152センチと小柄で髪はショート。縁なしのメガネをかけ、刑事には見えない。寝なくても平気で酒に強い」なんて設定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る