「福家警部補」好発進も…原作ファン推しは主演・檀れいより永作博美

公開日: 更新日:

 檀れい(42)にとって民放連ドラ初主演となる「福家警部補の挨拶」が、初回視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と好発進。関係者は胸をなで下ろしているかと思いきや、意外にそうでもないらしい。

「視聴後の反応が、イマイチ芳しくないんです。『途中で脱落した』『古畑任三郎の真似』『檀の演技が一本調子』『個性が感じられない』なんて声もチラホラ。初回は話題性で見てもらえても、問題は2回目以降でしょう」(制作スタッフ)

 そんな檀とは対照的に評価を高めているのが、永作博美(43)だ。実は永作、過去に福家警部補を演じたことがある。09年1月にNHKで放送された「福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀~」がそれ。そもそも福家警部補は原作では「身長152センチと小柄で髪はショート。縁なしのメガネをかけ、刑事には見えない。寝なくても平気で酒に強い」なんて設定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る