「祖谷物語―おくりひと―」蔦哲一朗監督

公開日: 更新日:

「じいちゃんができたんだ、自分だって何かできる」と夢をかなえた。池田高校野球部を率い、甲子園を3度制した名将、蔦文也監督の孫の哲一朗さん(29)だ。資金調達から脚本・編集まで一手にこなし、故郷徳島の秘境に挑んだ本作で商業映画デビューを飾る。
――映画監督を志したのはなぜですか。野球の道は考えなかったのですか。

「大学(東京工芸大)の授業で16ミリでの撮影を学び、映画製作の面白さを知ったのが始まりといえば始まりです。同級生とつくった自主映画サークルが、ごく自然に映画製作会社になっていきました。野球については、祖父から勧められたことはありません。背が低く、僕に才能があるように見えなかったのでしょう。スポーツでいえば、小中高とサッカーに明け暮れていました」

――同じ監督として、祖父から受け継いだところはありますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る