「祖谷物語―おくりひと―」蔦哲一朗監督

公開日:  更新日:

「じいちゃんができたんだ、自分だって何かできる」と夢をかなえた。池田高校野球部を率い、甲子園を3度制した名将、蔦文也監督の孫の哲一朗さん(29)だ。資金調達から脚本・編集まで一手にこなし、故郷徳島の秘境に挑んだ本作で商業映画デビューを飾る。
――映画監督を志したのはなぜですか。野球の道は考えなかったのですか。

「大学(東京工芸大)の授業で16ミリでの撮影を学び、映画製作の面白さを知ったのが始まりといえば始まりです。同級生とつくった自主映画サークルが、ごく自然に映画製作会社になっていきました。野球については、祖父から勧められたことはありません。背が低く、僕に才能があるように見えなかったのでしょう。スポーツでいえば、小中高とサッカーに明け暮れていました」

――同じ監督として、祖父から受け継いだところはありますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る