• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10億円を超える“資産家”萬田久子 「新しい男」に興味なし

 さしもの、モテ男もカタなしだった。17日行われた映画「最後の晩餐」公開イベントでの話だ。イベントに参加したのは「イタリア人ナンパ料理人」として売り出し中のベリッシモ・フランチェスコと女優の萬田久子。

 料理がテーマの映画だけに、ベリッシモがリードし、まずはナンパの手段として女性のために料理を作ることをアピール。さらに近いうちに萬田の家に料理を作りに行くことを申し出たが、萬田に「いつも女子会をやっているんで。みんな50代の普通のおばちゃんです」と軽くいなされた。今の萬田にベリッシモは眼中にないようだ。

「それもそのはず、現在の萬田は10歳年下のイケメン社長と交際中です。さらに萬田は“10億円を超す”ともいわれる億万長者です。3年前に亡くなった事実婚の相手S氏が優良企業の社長で、5年前に持ち株をユニクロに売却し、70億円を得たとされる。このとき、萬田も持ち株を手放し、10億円を得ているのです。S氏が亡くなった後、前妻やその子供たち、さらに隠し子まで現れたのに、ちっともモメなかったのは、懐具合が余裕しゃくしゃくだったからとみられています」(芸能記者)

 ポッと出の料理人には出る幕ないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る