日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10億円を超える“資産家”萬田久子 「新しい男」に興味なし

 さしもの、モテ男もカタなしだった。17日行われた映画「最後の晩餐」公開イベントでの話だ。イベントに参加したのは「イタリア人ナンパ料理人」として売り出し中のベリッシモ・フランチェスコと女優の萬田久子。

 料理がテーマの映画だけに、ベリッシモがリードし、まずはナンパの手段として女性のために料理を作ることをアピール。さらに近いうちに萬田の家に料理を作りに行くことを申し出たが、萬田に「いつも女子会をやっているんで。みんな50代の普通のおばちゃんです」と軽くいなされた。今の萬田にベリッシモは眼中にないようだ。

「それもそのはず、現在の萬田は10歳年下のイケメン社長と交際中です。さらに萬田は“10億円を超す”ともいわれる億万長者です。3年前に亡くなった事実婚の相手S氏が優良企業の社長で、5年前に持ち株をユニクロに売却し、70億円を得たとされる。このとき、萬田も持ち株を手放し、10億円を得ているのです。S氏が亡くなった後、前妻やその子供たち、さらに隠し子まで現れたのに、ちっともモメなかったのは、懐具合が余裕しゃくしゃくだったからとみられています」(芸能記者)

 ポッと出の料理人には出る幕ないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事