やしきたかじん去って3カ月 それでも終わらない“嫁姑戦争”

公開日:  更新日:

 3日に大阪市のリーガロイヤルホテルで行われた歌手やしきたかじんさん(1月3日死去、享年64)を「偲ぶ会」にはファンら約3700人が参列した。さすが“浪速の視聴率男”で、このまま天国で安らかに……とはいきそうもない。

「32歳年下妻と89歳の実母の“嫁姑戦争”が続いていますからね。妻は、たかじんさんが亡くなったことをお母さんに知らせず、お母さん抜きで荼毘(だび)に付した。お母さんが訃報に接した時にはすでに遺骨になっていて、その遺骨に対面できたのも死後1カ月ぐらい経ってからだそうです。それも妻を拝み倒して、ようやく実現したらしい」(芸能ライター)

 昨年秋に結婚したばかりの妻はたかじんのことを「ハニー」と呼んでいて、それが「ハニーの遺志」の一点張りなんだとか。確かに、たかじんはかつて父親に勘当され、実家とは疎遠になっていたといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る