ラッキィ池田が大切に保存する関根勤との「下着2ショット」

公開日:  更新日:

 ラッキィ池田さん(54)は“写真嫌い”ではない。しかし、好きでもないのだろう。「せっかく写真をいただいても、そのまんま机の引き出しに“秘蔵”してしまうんで……」と苦笑する。そんな宝庫から探り当てた一枚は、誰もが知っている関根勤さん(60)とのツーショットだが、これがたいそう貴重な写真のようで…。

 2人の出会いは三十数年前にさかのぼる。ラッキィさんは本名の池田新一、関根さんの芸名がラビット関根だった時代だ。

「あるレビューを見に行ったとき、たまたま関根さんと小堺一機さんがスタンダップコメディーのようなスタイルで出演してたんですね。

 関根さんといえば、ボクが高校生のときに見てた『ぎんざNOW!』っていうテレビ番組内の素人コメディアン道場で、初めて5週勝ち抜いてチャンピオンになった人。お笑いが大好きだったボクにとってはスターであり、憧れの存在。そこで舞台が終わったあと、レビューに出演してた五十嵐薫子さんっていうダンサーにお願いして、紹介してもらったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る