日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラッキィ池田が大切に保存する関根勤との「下着2ショット」

 ラッキィ池田さん(54)は“写真嫌い”ではない。しかし、好きでもないのだろう。「せっかく写真をいただいても、そのまんま机の引き出しに“秘蔵”してしまうんで……」と苦笑する。そんな宝庫から探り当てた一枚は、誰もが知っている関根勤さん(60)とのツーショットだが、これがたいそう貴重な写真のようで…。

 2人の出会いは三十数年前にさかのぼる。ラッキィさんは本名の池田新一、関根さんの芸名がラビット関根だった時代だ。

「あるレビューを見に行ったとき、たまたま関根さんと小堺一機さんがスタンダップコメディーのようなスタイルで出演してたんですね。

 関根さんといえば、ボクが高校生のときに見てた『ぎんざNOW!』っていうテレビ番組内の素人コメディアン道場で、初めて5週勝ち抜いてチャンピオンになった人。お笑いが大好きだったボクにとってはスターであり、憧れの存在。そこで舞台が終わったあと、レビューに出演してた五十嵐薫子さんっていうダンサーにお願いして、紹介してもらったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事