8年ぶり連ドラ 沢尻エリカに期待される腹黒女の本領発揮

公開日:  更新日:

 地上波の連ドラ主演は06年の「タイヨウのうた」以来、実に8年ぶり。深夜枠の「ファースト・クラス」(フジテレビ系、土曜23時10分)で出直しを図る沢尻エリカ(28)にとっては復活ののろしとなる作品になりそうだ。

 企画・演出・脚本いずれも「名前をなくした女神」(フジ系)を担当したメンバーが手がける同ドラマ。杏を主演に起用した「名前――」は、子供の小学校受験を控えたママ友の中で現実に繰り広げられる嫉妬や裏切り、いじめにスポットを当て、その描写がリアル過ぎると物議を醸した。

 19日の初回を見たコラムニストの桧山珠美氏は、「題材、キャスティングともに実によく練られたドラマ。今回も一部で社会現象として注目される“マウンティング女子”に着目していますが、まずは手あかのついていない新たな題材に取り組んだ意欲を買いたい。凋落の激しいフジテレビですが、20年前は時代を牽引し、トレンドを提供してきた。同局のイズムに倣ったこのドラマは沢尻はもちろん、フジ復活のきっかけになるかもしれません」と期待を寄せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る