経歴はないないづくし 朝ドラ初「外国人ヒロイン」の吉凶

公開日:  更新日:

 秋に始まるNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」のヒロインは、なんと米国人女優。それも本国でもまったく無名の女優だから、NHKも思い切ったことをする。

 そのシャーロット・ケイト・フォックス(28)は、ニューメキシコ州サンタフェ出身の既婚者。国内外500人以上の応募の中から抜擢されたという。

■スワヒリ語でトーク

 ものすごい倍率を勝ち抜いたぐらいだから日本語バリバリかと思いきや、あいさつ程度でほとんど話せない。キャリアは約10年だが、メジャーな映画やドラマの出演歴もほとんどなし。役柄に合わせて黒髪に染めた意欲は買うが、特筆すべきはスワヒリ語が話せるぐらいで、ないないづくしなのだ。



 それでもNHKのチーフプロデューサーは「日本語の3分以上の台本を3種類渡した。セリフの意味を理解し、丸暗記とは違う演技力に圧倒された」と絶賛している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る