CD売れず知名度も…ASKAが覚醒剤で埋めた“プライド”

公開日: 更新日:

■CDセールス絶不調

「今回の逮捕はその容疑内容、反社会的性質等、その影響の大きさに鑑みて、決して看過できるものではなく、厳正な措置を以(も)って臨むべきとの判断に至りました」――。
 覚醒剤取締法違反で逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明=56)に対して、所属レコード会社「ユニバーサルミュージック」は19日、契約解除とチャゲアスとASKA名義の商品出荷停止を発表した。

 事実上の音楽業界追放処分。同情の余地はないが、ASKAを薬物に走らせた理由として囁かれているのが、一部で伝えられている2000年8月のチャゲアス韓国公演の失敗だという。日本語CDが未解禁時代の韓国に乗り込むというビッグプロジェクトにもかかわらず、チケットはまったく売れず。結果、多額の負債を抱えて前所属事務所は倒産に追い込まれてしまったというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  4. 4

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  5. 5

    佐藤栄作超えも黄信号 囁かれ始めた史上最長政権の末路

  6. 6

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  7. 7

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  8. 8

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

  9. 9

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  10. 10

    好発進「ケイジとケンジ」で気になる桐谷健太のセリフ回し

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る