• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CD売れず知名度も…ASKAが覚醒剤で埋めた“プライド”

■CDセールス絶不調

「今回の逮捕はその容疑内容、反社会的性質等、その影響の大きさに鑑みて、決して看過できるものではなく、厳正な措置を以(も)って臨むべきとの判断に至りました」――。
 覚醒剤取締法違反で逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明=56)に対して、所属レコード会社「ユニバーサルミュージック」は19日、契約解除とチャゲアスとASKA名義の商品出荷停止を発表した。

 事実上の音楽業界追放処分。同情の余地はないが、ASKAを薬物に走らせた理由として囁かれているのが、一部で伝えられている2000年8月のチャゲアス韓国公演の失敗だという。日本語CDが未解禁時代の韓国に乗り込むというビッグプロジェクトにもかかわらず、チケットはまったく売れず。結果、多額の負債を抱えて前所属事務所は倒産に追い込まれてしまったというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る