CD売れず知名度も…ASKAが覚醒剤で埋めた“プライド”

公開日: 更新日:

■CDセールス絶不調

「今回の逮捕はその容疑内容、反社会的性質等、その影響の大きさに鑑みて、決して看過できるものではなく、厳正な措置を以(も)って臨むべきとの判断に至りました」――。
 覚醒剤取締法違反で逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明=56)に対して、所属レコード会社「ユニバーサルミュージック」は19日、契約解除とチャゲアスとASKA名義の商品出荷停止を発表した。

 事実上の音楽業界追放処分。同情の余地はないが、ASKAを薬物に走らせた理由として囁かれているのが、一部で伝えられている2000年8月のチャゲアス韓国公演の失敗だという。日本語CDが未解禁時代の韓国に乗り込むというビッグプロジェクトにもかかわらず、チケットはまったく売れず。結果、多額の負債を抱えて前所属事務所は倒産に追い込まれてしまったというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る