日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

やっぱり…ASKA「持っていたのはアンナカ」釈明のウソ

 シャブ&ASKA(56)の逮捕で、再びクローズアップされているのが「安息香酸ナトリウムカフェイン」、通称「アンナカ」だ。ASKAは昨年10月の週刊文春誌上で、覚醒剤使用疑惑について「持っていたのはアンナカ」と否定していた。

 ところでアンナカ、薬剤師の間では「薬学部で習うので名前は知っているけど、イマドキこれを薬として使う人がいるのか」と言われるほど古い薬らしい。東京・築地の「近藤薬局」の佐藤文則薬剤師も「探してみたらウチにも置いてありましたが、いつ買ったのか」と首をひねる。

「アンナカそのものは非常にありふれた薬で、処方薬にもあれば、市販薬にもあります。カフェインを加えていない安息香酸ナトリウムは、眠気を吹き飛ばす類いのドリンク剤にも含まれています。簡単に言えば、カフェインです。中枢神経興奮作用と頭痛緩解作用があって、倦怠(けんたい)感、眠気、片頭痛の緩和に効果があります。濃いコーヒーを飲むのと同じ作用を得られると考えればいいかも。ただ、何十年も販売した記憶がありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事