やっぱり…ASKA「持っていたのはアンナカ」釈明のウソ

公開日:  更新日:

 シャブ&ASKA(56)の逮捕で、再びクローズアップされているのが「安息香酸ナトリウムカフェイン」、通称「アンナカ」だ。ASKAは昨年10月の週刊文春誌上で、覚醒剤使用疑惑について「持っていたのはアンナカ」と否定していた。

 ところでアンナカ、薬剤師の間では「薬学部で習うので名前は知っているけど、イマドキこれを薬として使う人がいるのか」と言われるほど古い薬らしい。東京・築地の「近藤薬局」の佐藤文則薬剤師も「探してみたらウチにも置いてありましたが、いつ買ったのか」と首をひねる。

「アンナカそのものは非常にありふれた薬で、処方薬にもあれば、市販薬にもあります。カフェインを加えていない安息香酸ナトリウムは、眠気を吹き飛ばす類いのドリンク剤にも含まれています。簡単に言えば、カフェインです。中枢神経興奮作用と頭痛緩解作用があって、倦怠(けんたい)感、眠気、片頭痛の緩和に効果があります。濃いコーヒーを飲むのと同じ作用を得られると考えればいいかも。ただ、何十年も販売した記憶がありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る