• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AKB襲撃事件で見直し迫られる芸能界のビジネスモデル

 AKB48のメンバーが握手会で襲撃された事件。各地で予定された関連イベントは延期や中止が決まり、秋葉原の劇場は安全対策の強化に乗り出している。「会えるアイドル」のコンセプトは大揺れだが、頭を抱えているのはアイドルだけではない。地方営業で再起を狙うアーティストやイベントで稼ぐ芸人たちも弱っているようだ。

「ショッピングモールでのイベントや営業も、今まで通りとはいかなくなる」と、ある芸能関係者は肩を落とす。

 大店法改正によって、大型商業施設が全国で次々に建てられるようになった。ほとんどの施設はイベントスペースを併設し、芸能人の催しを集客に使っている。

 この手の無料イベントもAKBの握手会と同じだ。芸能人を間近で見られる。握手会と違ってCDを買う必要がなく、本当にだれでも参加可能だ。それだけに危険度はAKBより高いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る