日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひばり、聖子、AKB…人気タレントがなぜ襲われるのか?

 AKB48の川栄李奈(19)と入山杏奈(18)がノコギリで襲撃された事件はショッキングだった。逮捕された梅田悟(24)はカバンの中にノコギリを忍ばせて近づいたという。

 動機についてはまだハッキリしないが、気になるのは過去に芸能人が襲われる事件が少なくないことだ。有名なのは1957年に人気絶頂だった美空ひばりがファンの少女(当時19歳)によって、顔に塩酸をかけられた事件。松田聖子は83年に沖縄でファンの少年に頭を殴られ、ヤマピーこと山下智久は02年に国立代々木競技場近辺で20代くらいの男に薬品らしき液体をかけられた。人気タレントはなぜ襲われるのか。

「男が女性を襲うのは所有欲のせいです」とは心理学博士の鈴木丈織氏だ。
「自分が心酔している女性タレントを自分のものにしたい。そのために相手の顔などに傷をつける。痕跡を残すことで女性との間に絆が生まれたと錯覚し、相手を自分のものにしたと思い込むのです。美空ひばりのケースみたいに女が女性を襲うのは所有欲のほかに嫉妬が原因です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事