模倣犯誘発?爆問太田「AKBやるなら俺に来い」発言の波紋

公開日:  更新日:

「太田のところには本当に来そう」と、ネット上でも不安の声が上がっている。
 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(49)が26日、AKB48の握手会切りつけ事件について、「あれはかわいそう。許せない」と憤ってみせつつ、「やるんなら俺のところに来い!」と言ってしまった。

 キワドイ発言が太田の持ち味とはいえ、さすがにこれは「シャレが通じないかも」と、ある警察関係者がこう言う。

「AKB48事件の犯人は引きこもりのニートで、<(相手は)誰でもよかった>などと供述しています。要は、世間をアッと言わせる騒ぎを起こして幼すぎる承認欲求を満たそうとしただけ。今年3月に起きた千葉・柏の連続通り魔殺害事件の自称“セレブニート”の犯人とメンタリティーは同じでしょう」

■神経逆なで


 太田が、そんな“通り魔”予備軍のターゲットにされるかもしれないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る