中国人ホステスが笑う ASKAの“迎賓館”美女の封書作戦

公開日:  更新日:

「やってることはウチラと同じ」

「やってることは私らと同じネ」――銀座のクラブに不法就労している自称28歳の中国人ホステスがそう言って笑った。

 何のことかといえば、フライデー最新号が報じた「ASKAが呼ばれたパソナ迎賓館“淫靡”接待」の話。

 政官財界の大物が「仁風林」を訪ねていたのは日刊ゲンダイ既報の通りだが、同誌によると、パーティーでは接待要員の長身美女らが、高級クラブホステスばりの濃厚サービス。“お持ち帰り”もあったらしいが、後日、その長身美女たちから出席者に一筆添えた封筒が届くという。中身はその夜の写真。頬にキスしてもらっている写真なんかもあるから、政治家や官僚はビビるんだとか。まさにアメとムチ……。

 前出の中国人ホステスが続ける。
「私らも、ベロンベロンになった客に抱きついたりキスしてる写メを撮って、職場のメアドに画像を送りつける。少々ぼったくっても、後から文句言われないヨ。クレジットカードで10万円以上決済すると、カード会社から店に本人確認の電話が入るから、ギリギリの9万9000円で切って、財布から現金も抜き取っちゃう。でも、ほとんどみんな泣き寝入りネ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る