「もうじき死ぬから…」山田太一が語った震災ドラマへの思い

公開日:  更新日:

 国内でも有数の番組コンクール。今年で第40回となる「放送文化基金賞」の贈呈式が25日、行われた。

 優れたテレビやラジオ番組、個人やグループを表彰する同賞。その中で“花形”ともいえるテレビドラマ部門で最優秀賞に輝いたのは、「テレビ朝日開局55周年記念 山田太一ドラマスペシャル『時は立ちどまらない』」。続く優秀賞はNHK朝ドラ「あまちゃん」、奨励賞には「半沢直樹」(TBS)、「Woman」(日本テレビ)が選ばれた。在京キー局のうち、フジテレビの作品だけ選ばれなかった。

 山田太一ドラマが放送されたのは、あらゆる3・11特番が組まれた今年2月。震災後3年が経ち、初めてフィクションで被災地の真実を描いた作品であった。被災地に暮らしながらも家も家族も無事だった男(中井貴一)、妻と嫁と結婚を控えた孫を失った老人(橋爪功)。境遇の異なる当事者の心境に迫った意欲作で、記憶に新しい人も多いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る