• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ガイア」ナレーターに杉本哲太 決め手は“あまちゃん人事”

「忠兵衛さん」から「北三陸駅長」へ

 およそ2カ月間、代役でつないできたが、正式に後任者が決まった。3月30日に胃がんで亡くなった蟹江敬三(享年69)がナレーションを務めていた「ガイアの夜明け」(テレビ東京系、火曜22時~)。蟹江の闘病中と死後は、ゆかりのある面々――古谷一行や松重豊、寺島進らが交代で穴埋めしてきたが、来月3日放送回からは代役のひとりを務めた杉本哲太(48)が、2代目ナレーターに就任するという。

 02年の放送開始から12年間、蟹江が語ってきた番組である。あの独特な渋みのある声。ロマンポルノでは怪優ぶりを発揮、その後は個性派俳優として人間味のある演技で、主役を陰で支えるバイプレーヤーとして活躍してきた。そんな蟹江の生きざまは、ビジネスシーンで苦境に陥ろうとも闘い続ける人々にスポットを当てる「ガイア――」の番組趣旨と通じるところがあったが、そんな先輩の後を継ぐ杉本について、「大いに期待できる」とは上智大教授の碓井広義氏(メディア論)。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る