日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「朝番組」不調、「半沢」堺雅人にはソデ…TBSの四面楚歌

低空飛行つづく

 TBSに吹き荒れている“春の嵐”は弱まる気配がない。
「朝ズバッ!」の後番組「あさチャン!」の評判も悪い。

 元日本テレビの夏目三久(29)と教育学者の斎藤孝氏(53)をメーン司会に抜擢したが、みの時代に5%だった平均視聴率は、3~4%と低空飛行を続けている。
 17年半続いた「はなまるマーケット」に代わってスタートさせた「いっぷく!」もボロボロ。

 TOKIOの国分太一(39)をメーンに据えたが、視聴率1.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という散々な数字だ。
「(TBSの)石原社長は4月の定例会見で早くもテコ入れを指示したことを明かしましたが、今のところ目立った動きもなく、成果も出ていません」(同局関係者)

 期待されていた連続ドラマも振るわない。中でも大ヒット「半沢直樹」と同じスタッフが集結した「ルーズヴェルト・ゲーム」は“二番煎じ”な印象が強く、視聴率は初回こそ14.1%だったが、2回目以降は伸び悩んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事