• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

星野哲郎氏と衝突 水前寺清子「マーチは嫌!」とゴネていた

 歌手生活50周年を迎え、9月3日には記念曲「人情」をリリースする。カップリング曲は、あの歴代最高視聴率ドラマの主題歌「ありがとうの歌」の新アレンジ版。6月の大手術からも復帰して無事50周年を迎えた水前寺清子(68)が、改めて恩師の作詞家・星野哲郎氏へ「ありがとう」の思いを語ってくれた――。

 15歳の時に出場した歌謡コンクールで2位となり、作詞家の星野哲郎から声を掛けられた。歌のうまい娘を歌手にするのは父の夢でもあった。その夢の扉が開かれたのだ。だが、その後、11回にも及ぶレコーディングをしたが、デビューには至らなかった。

「どうして歌手になれないんだと父は文句を言ってたけど、レコーディングすらできない人がたくさんいた中、私は11曲も先生に詞を書いてもらい、録音もさせてもらえて、それだけでうれしかったんです。ただ、デビューできなかっただけ。その時“今のちいさなたみちゃん(本名が民子)のままの気持ちで”という慰めの言葉から、チータというニックネームまで作ってくれた。おかげで50年間もチータとして多くのファンに愛していただけたと思ってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る