星野哲郎氏と衝突 水前寺清子「マーチは嫌!」とゴネていた

公開日: 更新日:

 歌手生活50周年を迎え、9月3日には記念曲「人情」をリリースする。カップリング曲は、あの歴代最高視聴率ドラマの主題歌「ありがとうの歌」の新アレンジ版。6月の大手術からも復帰して無事50周年を迎えた水前寺清子(68)が、改めて恩師の作詞家・星野哲郎氏へ「ありがとう」の思いを語ってくれた――。

 15歳の時に出場した歌謡コンクールで2位となり、作詞家の星野哲郎から声を掛けられた。歌のうまい娘を歌手にするのは父の夢でもあった。その夢の扉が開かれたのだ。だが、その後、11回にも及ぶレコーディングをしたが、デビューには至らなかった。

「どうして歌手になれないんだと父は文句を言ってたけど、レコーディングすらできない人がたくさんいた中、私は11曲も先生に詞を書いてもらい、録音もさせてもらえて、それだけでうれしかったんです。ただ、デビューできなかっただけ。その時“今のちいさなたみちゃん(本名が民子)のままの気持ちで”という慰めの言葉から、チータというニックネームまで作ってくれた。おかげで50年間もチータとして多くのファンに愛していただけたと思ってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る