「私の人生変わってた…」若尾文子が抱く市川雷蔵への思い

公開日: 更新日:

 大映の看板女優として飛ぶ鳥落とす人気を博した若尾文子さん(80)。後輩役者だった8代目市川雷蔵さん(享年37)は、大映在籍中の15年間で159本もの映画に出演する売れっ子となったが、病に倒れて逝ってしまう。生前、2人で新天地に乗り出す約束も交わしていたのだという。「亡くなってなければ、私の人生も変わっていた」と、雷蔵への尽きせぬ思いと感謝をしみじみと語った。

若尾は大映の第5期ニューフェースとして1951年に入社。歌舞伎役者から映画俳優に転身した雷蔵と初共演したのは、1957年の「朱雀門」だった。

「印象ですか。それがあんまり記憶になくて。お互い仕事に追われる日々で、共演者と親しくするどころか、映画の打ち上げにも出たことなかったくらいですから」

 一番印象に残った共演作は1959年の年末に公開された「初春狸御殿」だった。若尾が狸御殿のお姫さま、うり二つの娘狸の2役を演じ、雷蔵と勝新太郎の2人に慕われるお話だ。お正月映画らしく歌って踊るド派手な歌謡ショーが売り。若尾と雷蔵は2曲をデュエットしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る