「私の人生変わってた…」若尾文子が抱く市川雷蔵への思い

公開日: 更新日:

 大映の看板女優として飛ぶ鳥落とす人気を博した若尾文子さん(80)。後輩役者だった8代目市川雷蔵さん(享年37)は、大映在籍中の15年間で159本もの映画に出演する売れっ子となったが、病に倒れて逝ってしまう。生前、2人で新天地に乗り出す約束も交わしていたのだという。「亡くなってなければ、私の人生も変わっていた」と、雷蔵への尽きせぬ思いと感謝をしみじみと語った。

若尾は大映の第5期ニューフェースとして1951年に入社。歌舞伎役者から映画俳優に転身した雷蔵と初共演したのは、1957年の「朱雀門」だった。

「印象ですか。それがあんまり記憶になくて。お互い仕事に追われる日々で、共演者と親しくするどころか、映画の打ち上げにも出たことなかったくらいですから」

 一番印象に残った共演作は1959年の年末に公開された「初春狸御殿」だった。若尾が狸御殿のお姫さま、うり二つの娘狸の2役を演じ、雷蔵と勝新太郎の2人に慕われるお話だ。お正月映画らしく歌って踊るド派手な歌謡ショーが売り。若尾と雷蔵は2曲をデュエットしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る