「私の人生変わってた…」若尾文子が抱く市川雷蔵への思い

公開日:  更新日:

 大映の看板女優として飛ぶ鳥落とす人気を博した若尾文子さん(80)。後輩役者だった8代目市川雷蔵さん(享年37)は、大映在籍中の15年間で159本もの映画に出演する売れっ子となったが、病に倒れて逝ってしまう。生前、2人で新天地に乗り出す約束も交わしていたのだという。「亡くなってなければ、私の人生も変わっていた」と、雷蔵への尽きせぬ思いと感謝をしみじみと語った。

若尾は大映の第5期ニューフェースとして1951年に入社。歌舞伎役者から映画俳優に転身した雷蔵と初共演したのは、1957年の「朱雀門」だった。

「印象ですか。それがあんまり記憶になくて。お互い仕事に追われる日々で、共演者と親しくするどころか、映画の打ち上げにも出たことなかったくらいですから」

 一番印象に残った共演作は1959年の年末に公開された「初春狸御殿」だった。若尾が狸御殿のお姫さま、うり二つの娘狸の2役を演じ、雷蔵と勝新太郎の2人に慕われるお話だ。お正月映画らしく歌って踊るド派手な歌謡ショーが売り。若尾と雷蔵は2曲をデュエットしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る