「私の人生変わってた…」若尾文子が抱く市川雷蔵への思い

公開日:  更新日:

 大映の看板女優として飛ぶ鳥落とす人気を博した若尾文子さん(80)。後輩役者だった8代目市川雷蔵さん(享年37)は、大映在籍中の15年間で159本もの映画に出演する売れっ子となったが、病に倒れて逝ってしまう。生前、2人で新天地に乗り出す約束も交わしていたのだという。「亡くなってなければ、私の人生も変わっていた」と、雷蔵への尽きせぬ思いと感謝をしみじみと語った。

若尾は大映の第5期ニューフェースとして1951年に入社。歌舞伎役者から映画俳優に転身した雷蔵と初共演したのは、1957年の「朱雀門」だった。

「印象ですか。それがあんまり記憶になくて。お互い仕事に追われる日々で、共演者と親しくするどころか、映画の打ち上げにも出たことなかったくらいですから」

 一番印象に残った共演作は1959年の年末に公開された「初春狸御殿」だった。若尾が狸御殿のお姫さま、うり二つの娘狸の2役を演じ、雷蔵と勝新太郎の2人に慕われるお話だ。お正月映画らしく歌って踊るド派手な歌謡ショーが売り。若尾と雷蔵は2曲をデュエットしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る