日ハム元エース木田勇さんは女子硬式野球部監督でも“3冠”

公開日: 更新日:

「あれはですね、その前の年に元日ハムのスカウトとバッタリ会い、どうしてる? おふくろさんは元気? なんて世間話をするうちに今度、独立リーグの球団の社長になるんだって話になった。その暁には、監督を引き受けてくれってことになったんです」

 初年度は4チーム中3位。2年目は前後期を通じて地区最下位と結果を残せず、08年のシーズン終了後に退任した。

「トライアウトを経て入ってきた選手ばかりで当然、ハングリー精神が旺盛な若者ぞろいだと思っていました。しかし、どうしてどうして、そんな意識でNPB(日本野球機構)は厳しいぞって選手がたくさんいた。独立リーグでやってればひょっとしてNPBに入れるかも、とみんな思ってるんですね。給料は一律15万円。少人数でやってるため、ミスしても下がるわけでもない。ボクらが社会人当時はどういう練習をすればプロに入れ、一軍のマウンドで勝利を手にすることができるか、先輩や監督に嫌がられるほど聞いたもんですがねえ」

 日ハムに入団の条件として「(契約金)プラス土地」を持ち出して話題になったが、「36歳で土地と住宅のローンは返し終えた」とか。また、「今もオファーがあれば、球界の仕事をする用意はできている」そうだが、「まあ、声はかからないでしょうね、ハハハ」ということだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る