巨人ドラ1辻内崇伸 「わかさ生活」女子コーチになっていた

公開日: 更新日:

 05年の夏の甲子園で大阪桐蔭高校のエースとして152キロの球を投げ、巨人から1位指名を受けた辻内崇伸さん(26)。1億円という契約金もまた、巨人が獲得した高卒では松井秀喜以来でもあり、大いに話題となった。しかし、プロでの活躍がないまま、表舞台から姿を消した。今どうしているのか。

 会ったのはJR北浦和駅から車で5分の「株式会社わかさ生活」東日本営業所。胸に“East Astraia”のロゴの入ったユニホームを着ている。

「この3月の中旬に『わかさ生活』に入社し、日本女子プロ野球リーグのチーム“イースト・アストライア”のコーチをしてます。毎朝8時から13時まで、ここから車で30分の大宮シニアグラウンドで練習し、一度家に帰って汗を流してご飯を食べた後、電車でこちらへ来て15時から18時までデスクワークとか、チームのメンバーと女子プロ野球のPRをしたり、小学校などを訪問して普及活動をしてます。この営業所は球団事務所でもあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る