昭和最後の「完全試合」今井雄太郎さんは食堂手伝いで大忙し

公開日: 更新日:

 完全試合。それは投手の究極の夢、目標だろう。もっとも最近のパーフェクトゲームは94年5月の槙原寛己(巨人)までさかのぼらなければならず、過去の達成者はわずか15人しかいない。本日登場の元阪急の今井雄太郎さんは“昭和最後の完全試合投手”。今どうしているのか――。

 会ったのはJR佐賀駅北口にある定食屋「ゴットマザー イマイ」。

「この食堂、家内(恵美子さん)と娘(梨絵さん)が7年前に始めたんです。店名は家族会議で『ゴッドマザー』って決めたんだけど、なぜか看板は『ゴットマザー』となっとる、ハハハ。家内が元気な頃はあまり店に顔を出さんようにしてたばってん。去年11月、家内を食道がんで亡くし、それからはワシも店を手伝うようになりました」

 駅南口では息子(有樹さん)が「串カツ イマイ」を切り盛りしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る