芸能事務所社長の稲川素子さんはがんと闘う「東大大学院生」

公開日:  更新日:

 ルビー・モレノをはじめ、多くの外国人タレントのマネジメントを手がけてきた稲川素子事務所。稲川さん(80歳)は事務所代表でありながら、タレントとしても多くのバラエティー番組に出演していた。しかし、最近は姿を見ない。今どうしているのか。

 稲川さんに会ったのは、地下鉄六本木駅から徒歩5分の自宅のリビング。グランドピアノ2台、体長1メートル以上もあるライオン像2頭がデ~ンと置かれているではないか。

「このライオンちゃんは、ある方から頂いたんです。最初はお断りしたんですけど、どうしてもとおっしゃって。ワタシもライオンちゃんが好きだから、つい頂いてしまいました」

 いくら好きでも、フツーの家だと置き場所に困るものだが……。それはともかく、稲川さん、80歳とは思えない元気さだ。今も仕事バリバリなんだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る