“ポスト聖子”沢田富美子は不動産投資家 海外飛び回る日々

公開日: 更新日:

 沢田富美子さん(52)は松田聖子に遅れること1年、18歳の時に歌手デビュー。アイドルの中でもさらに可愛らしい容姿で人気を集め、“ポスト聖子”といわれた。しかし、本家ほどメガヒットは飛ばせないまま、表舞台から姿を消した。今どうしているのか。

「聖子ちゃんとは堀越学園の同級生でお友達でした。彼女が先にデビューし、アッという間にスターへの道を駆け上がっていくのを見て、スゴいな~って感心するばかり。一足遅れてデビューしたワタシは<お姫さまドレスでテレビに出れた!>ってだけで満足しちゃった。欲がなかったんですね」

 六本木のカフェで会った沢田さん、まずはこういった。若々しく、スタイル抜群。まさに美魔女だ。そういえば、81年、「ちょっと春風」で歌手デビューする一方、モデルでも活躍していた。

「歌手としてはシングルは5枚出したのかな。今になってはいい思い出だけど、当時は努力だけじゃどうにもならない挫折感を抱えてましたね。で、輝いてるアイドルたちの歌が耳に入らない国に行こうと、ハタチから21歳にかけて1年間、パリとニューヨークに留学したんです。そこでもともと好きだったアートの勉強をして、絵画の買い付けを学びました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る