“ポスト聖子”沢田富美子は不動産投資家 海外飛び回る日々

公開日: 更新日:

 沢田富美子さん(52)は松田聖子に遅れること1年、18歳の時に歌手デビュー。アイドルの中でもさらに可愛らしい容姿で人気を集め、“ポスト聖子”といわれた。しかし、本家ほどメガヒットは飛ばせないまま、表舞台から姿を消した。今どうしているのか。

「聖子ちゃんとは堀越学園の同級生でお友達でした。彼女が先にデビューし、アッという間にスターへの道を駆け上がっていくのを見て、スゴいな~って感心するばかり。一足遅れてデビューしたワタシは<お姫さまドレスでテレビに出れた!>ってだけで満足しちゃった。欲がなかったんですね」

 六本木のカフェで会った沢田さん、まずはこういった。若々しく、スタイル抜群。まさに美魔女だ。そういえば、81年、「ちょっと春風」で歌手デビューする一方、モデルでも活躍していた。

「歌手としてはシングルは5枚出したのかな。今になってはいい思い出だけど、当時は努力だけじゃどうにもならない挫折感を抱えてましたね。で、輝いてるアイドルたちの歌が耳に入らない国に行こうと、ハタチから21歳にかけて1年間、パリとニューヨークに留学したんです。そこでもともと好きだったアートの勉強をして、絵画の買い付けを学びました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る