“ポスト聖子”沢田富美子は不動産投資家 海外飛び回る日々

公開日: 更新日:

 沢田富美子さん(52)は松田聖子に遅れること1年、18歳の時に歌手デビュー。アイドルの中でもさらに可愛らしい容姿で人気を集め、“ポスト聖子”といわれた。しかし、本家ほどメガヒットは飛ばせないまま、表舞台から姿を消した。今どうしているのか。

「聖子ちゃんとは堀越学園の同級生でお友達でした。彼女が先にデビューし、アッという間にスターへの道を駆け上がっていくのを見て、スゴいな~って感心するばかり。一足遅れてデビューしたワタシは<お姫さまドレスでテレビに出れた!>ってだけで満足しちゃった。欲がなかったんですね」

 六本木のカフェで会った沢田さん、まずはこういった。若々しく、スタイル抜群。まさに美魔女だ。そういえば、81年、「ちょっと春風」で歌手デビューする一方、モデルでも活躍していた。

「歌手としてはシングルは5枚出したのかな。今になってはいい思い出だけど、当時は努力だけじゃどうにもならない挫折感を抱えてましたね。で、輝いてるアイドルたちの歌が耳に入らない国に行こうと、ハタチから21歳にかけて1年間、パリとニューヨークに留学したんです。そこでもともと好きだったアートの勉強をして、絵画の買い付けを学びました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”