“ポスト聖子”沢田富美子は不動産投資家 海外飛び回る日々

公開日:  更新日:

 沢田富美子さん(52)は松田聖子に遅れること1年、18歳の時に歌手デビュー。アイドルの中でもさらに可愛らしい容姿で人気を集め、“ポスト聖子”といわれた。しかし、本家ほどメガヒットは飛ばせないまま、表舞台から姿を消した。今どうしているのか。

「聖子ちゃんとは堀越学園の同級生でお友達でした。彼女が先にデビューし、アッという間にスターへの道を駆け上がっていくのを見て、スゴいな~って感心するばかり。一足遅れてデビューしたワタシは<お姫さまドレスでテレビに出れた!>ってだけで満足しちゃった。欲がなかったんですね」

 六本木のカフェで会った沢田さん、まずはこういった。若々しく、スタイル抜群。まさに美魔女だ。そういえば、81年、「ちょっと春風」で歌手デビューする一方、モデルでも活躍していた。

「歌手としてはシングルは5枚出したのかな。今になってはいい思い出だけど、当時は努力だけじゃどうにもならない挫折感を抱えてましたね。で、輝いてるアイドルたちの歌が耳に入らない国に行こうと、ハタチから21歳にかけて1年間、パリとニューヨークに留学したんです。そこでもともと好きだったアートの勉強をして、絵画の買い付けを学びました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る