• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽だからTV出演 おちゃらけ蛭子能収のギャンブル哲学

 おっとりした長崎なまりと笑顔がトレードマーク。まさに「えびす様」のような風貌だ。最近は奇抜な発言や行動が受けて、本職の「漫画家」ではなく「タレント」としてプチブレークしている。本人もそれには気付いているようで……。

「テレビは最近増えてますね。漫画とテレビの収入は1対4くらい。前は1対2くらいだった。食えるんだったらホントは漫画で食っていきたいけど、テレビの方がギャラもいいしね。漫画は案を考えるのも大変だし、細かい作業も多いし。テレビの方が楽だから、できればバラエティーに出たいなあ。適当に思ったこと言えるし」

 バラエティーにこだわるのは、ギャラ以外にもうひとつ理由が。

「ドラマのセリフ覚えがヤバイくらい悪くて……。昔は待ち時間があると、ここで待つんなら競艇行きたいと思ってたけど、今は撮影がある日は競艇はできないんだと分かった。セリフの勉強しないと覚えられない。何しろギャンブルのこと考える余裕がないし、セリフが3行以上あるとちょっと厳しいんで、なるべく少なくしてもらいたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る