蛭子能収「ヤクザの襲撃か」と思った麻雀逮捕劇

公開日:  更新日:

■1998年11月

 テレビ東京系で放送している「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」でのコミカルな素顔がウケて、ますます人気上昇中の漫画家・蛭子能収。ボートレースなど大のギャンブル好きは有名で、賭け麻雀で逮捕される騒ぎになったのは98年。

 20日午後5時半、仕事を終えた蛭子は8時に娘との夕食の約束の前に時間をつぶそうと、行きつけの新宿のフリー雀荘に立ち寄った。

 蛭子はその日好調で、最初の半チャンはトップを取った。蛭子は1000点200円のレートで9000円の勝ちを収め、気を良くしていた。次の半チャンではドラの西をポン。上がれれば満貫の手だ。「今日はついている」と彼は確信したという。

 だが、直後、雀荘の入り口からゾロゾロと「ガラの悪い人」が入ってきた。その店はパンチパーマやスキンヘッドの客は断るという方針で客層はサラリーマン中心。蛭子はそんなところも気に入っていたのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る