がん闘病 ジョニー大倉が再起誓うロックな「眞露烏龍割り」

公開日:  更新日:

 昨年6月に肺がんが発覚し、現在も闘病生活を続けているジョニー大倉(62)。4月に奇跡の復活ライブを行ったが、8月に再入院。ソロデビュー40周年に当たる今年中の再復活を目指し、1日12時間の抗がん剤治療で病気と闘っている。父親の復活を信じてライブ活動を行っている長男で歌手や俳優として活動中のケンイチ大倉(41)ら家族が見守る病室で、本紙の取材に答えた――。

「一時期よりはだいぶ良くなったよ。15カ所に転移していたがんが今は2カ所だけ。必ずまたステージに立って、すごいライブを届けたい」

 現在は食事も取れるようになり、「歌も芝居も、やりたいことがある」と復活への手応えを感じている。特にソロデビュー40周年の集大成となる、DVD、書籍、CDや特典グッズなどを収めたBOXセット「JOHNNY ROCK'N'ROLL」(12月24日発売)のプロモーションに意欲を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る