日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

がん闘病 ジョニー大倉が再起誓うロックな「眞露烏龍割り」

 昨年6月に肺がんが発覚し、現在も闘病生活を続けているジョニー大倉(62)。4月に奇跡の復活ライブを行ったが、8月に再入院。ソロデビュー40周年に当たる今年中の再復活を目指し、1日12時間の抗がん剤治療で病気と闘っている。父親の復活を信じてライブ活動を行っている長男で歌手や俳優として活動中のケンイチ大倉(41)ら家族が見守る病室で、本紙の取材に答えた――。

「一時期よりはだいぶ良くなったよ。15カ所に転移していたがんが今は2カ所だけ。必ずまたステージに立って、すごいライブを届けたい」

 現在は食事も取れるようになり、「歌も芝居も、やりたいことがある」と復活への手応えを感じている。特にソロデビュー40周年の集大成となる、DVD、書籍、CDや特典グッズなどを収めたBOXセット「JOHNNY ROCK'N'ROLL」(12月24日発売)のプロモーションに意欲を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事