日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

戸田恵子、高橋克実、寺脇康文がつるむ“ドリカム”な飲み方

「ショムニ」のおツボネで大ブレークし、テレビドラマでこの人を見ないシーズンはないとまで言われている戸田恵子(56)。ドラマ以外ではアンパンマンの声優で27年、ルックスも声も変わらない理由のひとつは酒の席とか…。

 舞台女優出身っていうのもあって、なんか豪快にお酒飲んでいるように思われるんですけど、こう見えて私、そんなに飲めないんです。ありがたいことに、20代から大きなお仕事いただいて、朝から晩まで舞台稽古で飲む時間がなかった。

 お酒をよく飲んだのは、ドラマの仕事がメーンになった30代後半から40代のころ。映画「GTO」の北海道ロケで夏八木勲さんと毎晩飲んでました。皆同じホテルで、他の仕事も入らない、ある意味隔離された土地だからできるぜいたくな時間。すると夏八木さんが、「戸田くんは毎晩飲んで、翌朝の顔のむくみとか気にしないのかい?」とおっしゃった。その時初めて女優はもっと顔映りを気にするものなのかと気づいて。今までメーンにしていた舞台は全体を遠目で見るものだから、そこまで考えが及ばなかったんですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事