本当なのか 「薬物疑惑」報じられた清原和博の“奇妙な言動”

公開日:  更新日:

 週刊誌は発売日の前日に報道各社に届くが、5日は大きな衝撃に襲われた。
 6日発売の週刊文春が、元巨人・清原和博(46)の“薬物疑惑”を報じているのだ。

 同誌は、テレビ関係者の証言として「番組撮影中、突然体の震えが始まり、急に汗が噴き出してきて撮影が滞った」「両手のこぶしを握り締めて踏ん張っていないと立っていられない状態だった」と、清原のおかしな挙動を紹介。また、別の関係者の話で「妻の亜希さんは、<最近、夫の様子がおかしい。刃物をもって追いかけ回される>と、複数の親しい知人に相談している」といった近況を報告している。

 これだけなら単なる“奇行”として片付けることもできるが、同誌はその理由を「覚醒剤などの薬物による禁断症状」と断じているのだ。

 そして、実際に2月27日に都内の大学病院に入院した清原を直撃。「入院ですか?」と問いかけると、「けんさ、にゅう、いん」とロレツの回らない口調で答えたという。記事には「目線は宙をさまよい、口角がだらしなく下がっていた」と記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る